学生の消費者金融の利用について

大学生への仕送り金額は年々減少傾向にあると言われていますが、勉強はもちろん課外活動のあら学生に出費はつきものです。単純に支出を少しでも減らしていけば良いという問題でもありません。そんな困った若者でもお金を調達できる方法として、アルバイトをするなどもありますが消費者金融でお金を借りるという方法があります。

 

安定した収入があるわけでもないのに、消費者金融からお金を借りることはできるのかと疑問に感じる方もいらっしゃると予想しますが実は多くの消費者金融で学生の借り入れ申し込みを受け付けています。ただし条件があります。それはアルバイト収入がある20歳以上の者ということです。

 

そもそもお金を借りるためには将来的に返済できるという信用力が必要です。そのため収入確認が必要になるというわけですが、やはり社会人として働いている人よりは安定性が劣ってしまうので借入限度額は10万円から多くても50万円までと少なくなります。

 

また学生に注意してほしいことが、消費者金融でお金を借りて支払いが遅れる、お金が返せなくなるとどうなるかというのとです。就職などに直ちに影響が出るというわけではありませんが、個人信用情報といって今後クレジットカードや別のローンを組む際に見られる情報に傷がついてしまいます。そうなると今後、またお金が必要だというときに必要な額が借りられない可能性や、最悪債務整理なんてこともあるので学生といえども返済計画はきちんと立てておくようにする必要があります。

カードローンはアルバイトでも申し込める?

アルバイトやパート、派遣社員であっても安定した継続的な収入が見込まれる方はカードローンを申し込むことができます。

 

とはいっても「安定」の基準があいまいなような気もしますよね。正社員でなければ、いつ仕事がなくなるのかも分からない状態であるから、パートやアルバイトなどは不安定なのではないかと思ってしまいます。

 

使いみちが自由であるカードローンは、住宅ローンや教育ローンに比べて年収などの審査もある程度の部分はゆるやかである、と考えてもよいでしょう。ですから、アルバイトの方がカードローンで借り入れをすることも可能なのです。まったく無職で仕事をしていないという人に比べれば、なんらかの仕事を続けている、という判断のもとになるものがあれば、審査を通過する可能性も増えるものです。

 

銀行系のカードローンも、パートやアルバイトの方であっても申し込みができるものもたくさんあります。ただし、年収が正社員と比較してもちろん高くない場合が多いでしょうから、借り入れ極度額などに差が出てきてしまいます。最初からアルバイトの方の借り入れ極度額はいくら、とはっきり提示されていることもあります。借り入れ極度額が低く設定されると、金利が高くなるカードローンもあります。

 

アルバイトの方でも申し込みできる、借りやすい、といったことを宣伝しているカードローンであっても審査を通過しないことももちろんあります。申し込めば100%借り入れできる、というわけではないことをきちんと理解しておかなければなりません。